子どもが部屋を片づけない。整理整頓ができない。

こんにちは

 

「強みで自立する子どもの育成と

女性のイキイキした人生をクリエイト」する

マザーズコーチジャパン代表理事の

佐々木のり子です。

本日は、思春期の子育てについて

「コーチングスキル」という視点で

某大手塾に執筆していた内容を

ご紹介していきますね。

 

今回は、

=======================

『子どもがなかなか部屋を片づけない

整理整頓ができない』

=======================

というお悩みについてです。

 

結論は、

【子どもにしてほしい行動モデルを

親自らが長期的に実践してみましょう】

です。

 

散らかっている子どもの部屋を見たとき、

親は「なんでこんなに汚いの?」と

イラッとする「感情」を抱き、「このまま片づけられないと

きっと社会人になって困るわ」という「思考」に至ります。

 

このように親の負の「感情」に対して、

「子どものためだから」という「思考」をつけてしまうと、

「こうしなさい」と決めつけた言い方で指示命令をし、

望むゴールとは逆のほうに向かってしまいます。

 

親が望む最終的なゴールとは、

子どもが自分で片づけられるようになること。

そのためには「反応する」のではなく、

「対応する」ことが重要です。

 

今回は、子どもに「してほしい行動」のモデルを、

親自らが行い、子どもに見せることで、

将来的に子ども自身で片づけられるようになる

「モデリングの技法」をお伝えします。

 

例えば、子ども部屋ではなく、

車庫など家族の共有スペースを一緒に片づけて、

「面倒だな」と子どもと同じ目線で気持ちを語りかけ、

「そうか、全部一度にやろうとせずに、

何回かに分けて少しずつやればいいんだ」と、

具体的にやり方を見せる、

 

あるいは「あなただったらどうする?」

と考えさせます。

 

上からではなく、対等な関係で接し、

子どもの頑張りを尊重する言い方や態度が重要です。

これらの技法を繰り返し行うことで、

子ども自身が片づける「技の引き出し」を増やし、

物事を選択して、行動するようにサポートができます。

 

即効性よりも、長期的な見通しを持って

気長に積み上げていきましょう。

「何も言っても口答えばかり、親子で口げんかが絶えない 」

こんにちは「強みで自立する子どもの育成と

女性のイキイキした人生をクリエイト」する

 

マザーズコーチジャパン代表理事の

佐々木のり子です。

本日も、子育てについて

「コーチングスキル」という視点で

お届けいたします。

 

本日は

「何も言っても口答えばかり、親子で口げんかが絶えない 」

というお悩みについての解決のヒントをお送りします。

 

結論としては

「譲れるところと譲れないところ」のラインを明確にしましょう。」

です。

 

親というものは、

子どもが家でダラダラしている姿を見ると、

どうも不安に駆られてしまう生き物のようで、

 

「このままでこの子大丈夫かしら?」と思ってしまい、

つい小言の一つも言いたくなってしまいます。

 

でもその感情のままに「勉強しなさい」と言ってしまうと、

ほとんどの場合は逆効果になってしまい、

子どものやる気を下げてしまいます。

 

親が望んでいる本当のゴールは

『子どもが主体的に勉強に取り組むこと』なのです。

 

では、子どもが主体的に勉強するために

親はどのように関わったらよいのでしょうか?

 

まず1つ目に、

「子どもに本を読んでほしかったら

親が楽しそうに本を読めばいい」

という話があります。

 

親が自分の得意なこと(例えば歴史など)を熱く、

楽しく一緒に語ったり学んでいる姿を見せ、

学ぶことは楽しい、面白いんだと思わせる環境を

作ることが結果的に親が望むゴールへ子どもを導きます。

 

2つ目として、例えば「1週間九九暗記大作戦」

等のイベントを作ってみる。 期間を設定し、

親も子どもと一緒に競いながら、

集中してやり遂げる成功体験を子どもに経験させます。

 

その結果、子どもに「この1週間これだけ頑張ったんだから、

また元のダラダラとした生活に戻るのは惜しい」

と思わせられたらしめたものです。

 

子ども自身がものごとを選び取り組むことを

習慣化していけると、親も不要なストレスを抱えずに

済むようになるのです。

 

子どもは表面的におだてられたりほめられても、

その奥の「親は結局、勉強しろと言いたいんだな」

ということを鋭く察知し、余計にやる気がなくなってしまいます。

 

子どもが自発的にやっている時に

大いに称賛するのは効果的ですが、

 

やろうとする芽(興味や関心)を

親が自分の感情の言葉で

ぶつけてしまい芽を摘まないように

することが何より大切なことなのです。

コーチングをセルフプロデュースに活かそう!

こんにちは。佐々木のり子です。

 

暑かった夏もすっかり秋モードになり

季節の移り変わりの速さを感じますね。

どの季節になろうが、どの年代になろうが

自分の人生を自分らしく楽しく充実して生きる

 

そのために有効なのはコーチングだと

コーチングに出会って活用してきた

コーチング歴16年の私が今も感じていることです。

 

本日は

=========================

コーチングをセルフプロデュースに活かそう!

=========================

というお話です。

 

コーチングを学ぶと何がいいかというと

コミュニケーションスキルが向上し

まわりの人たちとの関係性がよくなる

目標達成しやすくなるということもあるのですが

 

何よりも自分を整えることができて

生きるのが楽に楽しく充実してくるのですよね。

 

本日はそのための

コーチングをセルフプロデュースに活かすヒント3をお届けします。

 

1・究極のセルフケアをする

あなたにとって究極のセルフケアは何ですか?

例えば、マッサージ?エステ?おいしいものを食べること?

ぜひこの1週間で究極のセルフケアを体験してみましょう!

やってみてどうだったか。自分の満たされ感を味わいましょう。

 

2・毎日を楽しむ10の習慣を作る

あなたにとって毎日楽しめる習慣は何ですか?

例えば、お気に入りの音楽を流す?アロマをたく?

自分にとっての楽しむ習慣を書き出し、

ぜひ、この1週間を意識して過ごしてみましょう!

 

3・不用品は処分する

思いきっていらないものを処分してみましょう!

例えばついつい増えてしまう文具や本や服。

最低限あればいいかもしれません。

身の回りをすっきりすると、思わぬ新しいことも

入ってきます。

この1週間で何か処分することを実践してみましょう!

 

====================

*このメールマガジンは、私の講座や講演、

研修を受講、名刺交換、或いは、ご本人から

登録していただいた方々へお送りしております。

※ LINE@はじめました。タイムリーな情報もいっぱい

登録してプレゼントもらっちゃおう!

https://line.me/R/ti/p/%40qbp5109y

====================

最大の学習定着法とは?

こんにちは。

NPO法人マザーズコーチ・ジャパン

代表理事の佐々木のり子です。

 

========================

蒸し暑くなってまいりましたね。

お互い体調を整えながら楽しく前進してまいりましょう。

 

さて、マザーズコーチ養成講座は、3段階の学びになっています。

2級、1級とスキルやマインドを深めた後

マスター講座では、伝えるスキルを学びます。

 

これには2つの目的があります。

もちろん、世界中に伝える人が増えると

いいということもありますが、

 

学んだことをアウトプットすることが

一番自分の中に定着できるからです。

 

 

平均学習定着率というのがあります。

 

・講義を受けるだけだと5%

・視聴覚だと20%

・デモンストレーションやグループ討議をすると30~50%

・自ら体験(いわゆるロールプレー等)だと75%

そして

・他の人に教えると90%の学習定着率になるのです。

 

 

インプットしたらアウトプット

これが最大の効果的学びとなります。

 

その仕組みがマザーズコーチ養成講座にあります。

 

本日は2級講座を先日修了された山村智子さんの

講座体験後の感想をお伝えします。

************************************
●【マザーズコーチ】養成2級講座修了しました

*****************************

中津川市 ピアノ&リトミック
音楽教室Musik  山村智子です

マザーズコーチ養成講座の学びをはじめ
本日2級講座を修了しました。

・レッスンの際に生徒さんのやる気を引きだし
より効果的な言葉かけを学びたい

・また子育てに悩んでおられるお母様が
少し楽になれたらいいなという思いで受講しました。

この講座を受講する中で美和先生が、
フィードバックして下さることで
自分自身の気づきもありました。

自分が持っている自然と出てくる考え方や
行動パターンがより明確になりました。

良かれと思ってやっていたことが実は
自立の芽をつんでいのかもしれないといった気づきもありました。

自分のあたりまえでも相手にとっては
あたりまえでないことを再認識することで
出てくる言葉も少しずつ変化してきました。

私が少し変化したことで、少しづつ生徒さんの
反応もかわってきました。

このマザーズコーチは、指示命令型のアプローチから
子ども自身がが自立していく支援プログラムとなっています。

その子がその子らしく生きられるような
関わりができるようどんどんアウトプットしていきます。

また子育てに悩んでいるお母様方にも
より添えれるようさらに学びを深めていきたいと思います。

みんなが幸せになれますように

***********************************************

佐々木のり子人生物語ステッププメール

https://www.reservestock.jp/subscribe/87388

ピアノの先生方がマザーズコーチ養成講座を学ぶ理由

NPO法人マザーズコーチ・ジャパン

代表理事の佐々木のり子です。

 

============================

最近、ピアノの先生方が

マザーズコーチ養成講座を受講してくださることが

多くなっています。

 

その理由に

「生徒をさらに伸ばしたい!」

という思いと

「お教室にこられるママの

子育て相談のお役にたちたい!」

という思いがあるというこがとても伝わってきます。

 

素晴らしいですね。

 

マザーズコーチ・ジャパンは

子どもたちやお母様方にかかわる

お仕事をされている先生方も応援しています。

 

本日はピアノ講師の大賀弘美さんの

受講後の声をお届けします。

 

=========================

マザーズコーチ養成講座を受講して

=========================

この講座を受けようと思ったきっかけは

お教室の生徒たちにより良い言葉がけが

出来るようになりたいと思ったことと、

 

ママたちから子育ての相談を受ける事があった時には

自分の経験値だけでなく多くの知識のながら

子育てが少しでも良い方向に向くように

お力になれたらいいな!と思っていたからです。

 

2級講座では子供が話したくなる聴き方や

i(アイ)メッセージ はレッスンでもとても役立つお話しでした。

 

特にi(アイ)メッセージは目から鱗状態です。

多くのママたちにお知らせしたい項目でした。

 

子育てではそれに加え 役割と自分自身の

区別も知っておくといいな!と感じました。

 

毎日何人かの生徒たちと関わる中で

タイプを観察するのも最近は楽しみの一つです。

 

タイプや優位感覚を学ぶ事で生徒たちとの

コミュニケーションがより良いものになるよう

これからも進んで行きたいと思います。

 

「家庭の色はママが決める!」と

言われるほどママの笑顔は大切なもの。

 

ママ自身が輝き楽しくラクに子育てが

できるお手伝いが出来れば嬉しく思います。

 

————————————————————–

ママの挑戦~初めてのコーチング~ステップメール登録はコチラ

→  https://www.reservestock.jp/subscribe/87468

「佐々木のり子人生物語」ステップメール登録はコチラ

→  https://www.reservestock.jp/subscribe/87388

—————————————————————