3,4歳児の叱り方

こんにちは。

NPO法人マザーズコーチ・ジャパン

代表理事の佐々木のり子です。

 

 

あなたは「本人の人格を否定しないで

叱る方法」を知っていますか?

 

◎皆様からの質問

「4歳児の男児の母です。やんちゃで

いろいろなことをやらかします。

私もつい感情的に怒ってしまったり

いったいどう叱ったらよいのでしょうか?」

 

◆回答

3,4歳頃になると時間、空間、自他の区別も

できてくるようになりますが、まだまだしていいことと

してはいけないことがよくわからないので

しつけの時期でもあります。

子どもの自発性を引出し、子どもの考える力を

育むことは大切ですが、=「叱らない」ということではありません。

 

では、どんなふうに叱ったらよいのでしょうか?

 

「人と言動や考え方を切り離す」ことです。

 

数十年前、学校で生徒がナイフを持って暴れる

という事件が続いたことがありました。

 

その時に優秀なカウンセラーが行ったことは

子ども自体を非難したり責めたりせず

人と言動や考え方を切り離しました。

 

「今、君の中に『キレ男君』と『まさ男君』がいて

キレ男君が暴れているだけなんだ

キレ男君の気持ちを聞かせてくれるかな?」

 

人格を否定せず、言動や考え方が違うことを

客観的に見せる。

 

例えば、4歳児の男の子がママを繰り返し蹴ってきたとします。

まずは、その行動の奥になる気持ち(さみしい、甘えたい、

つまらないなどの感情語)を言葉にして伝え、

「甘えたいのね」と言いながらハグなどして受け止める

 

そのあとに「ママは蹴られるの嫌だな。〇〇ちゃんのことは大好きだけど

蹴ってくる『足太郎』にはしないでねって言っておいてね」

 

と〇〇ちゃんを受け入れ、行動は間違っていることを

教えていく。

 

5回のうち1回でもこんな対応ができたら

まずは大成功です。楽しみにながら

やってみてくださいね。

 

お母さん、変わった?

NPO法人マザーズコーチ・ジャパン 代表理事の佐々木のり子です。 ======================= 先日行った研修先でのテーマが 「信頼関係の構築技法」でした。 わずかな時間でしたがスキル(技術)とマインド…

ピアノの先生方がマザーズコーチ養成講座を学ぶ理由

NPO法人マザーズコーチ・ジャパン

代表理事の佐々木のり子です。

 

============================

最近、ピアノの先生方が

マザーズコーチ養成講座を受講してくださることが

多くなっています。

 

その理由に

「生徒をさらに伸ばしたい!」

という思いと

「お教室にこられるママの

子育て相談のお役にたちたい!」

という思いがあるというこがとても伝わってきます。

 

素晴らしいですね。

 

マザーズコーチ・ジャパンは

子どもたちやお母様方にかかわる

お仕事をされている先生方も応援しています。

 

本日はピアノ講師の大賀弘美さんの

受講後の声をお届けします。

 

=========================

マザーズコーチ養成講座を受講して

=========================

この講座を受けようと思ったきっかけは

お教室の生徒たちにより良い言葉がけが

出来るようになりたいと思ったことと、

 

ママたちから子育ての相談を受ける事があった時には

自分の経験値だけでなく多くの知識のながら

子育てが少しでも良い方向に向くように

お力になれたらいいな!と思っていたからです。

 

2級講座では子供が話したくなる聴き方や

i(アイ)メッセージ はレッスンでもとても役立つお話しでした。

 

特にi(アイ)メッセージは目から鱗状態です。

多くのママたちにお知らせしたい項目でした。

 

子育てではそれに加え 役割と自分自身の

区別も知っておくといいな!と感じました。

 

毎日何人かの生徒たちと関わる中で

タイプを観察するのも最近は楽しみの一つです。

 

タイプや優位感覚を学ぶ事で生徒たちとの

コミュニケーションがより良いものになるよう

これからも進んで行きたいと思います。

 

「家庭の色はママが決める!」と

言われるほどママの笑顔は大切なもの。

 

ママ自身が輝き楽しくラクに子育てが

できるお手伝いが出来れば嬉しく思います。

 

————————————————————–

ママの挑戦~初めてのコーチング~ステップメール登録はコチラ

→  https://www.reservestock.jp/subscribe/87468

「佐々木のり子人生物語」ステップメール登録はコチラ

→  https://www.reservestock.jp/subscribe/87388

—————————————————————