教育ビジネス【ペアレンツコーチ養成講座】限定ライブを行います!

こんにちは。佐々木のり子です。

4月、新年度が始まりましたね。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

私の方は、

3月10日からスタートした

教育ビジネス【ペアレンツコーチ養成講座】

現在31名の方たちと一緒に学んでいます。

 

北は北海道から南は九州、鹿児島まで、また

海外サンフランシスコからも参加してくださっています。

 

「教育革命を起こしたい!」

という熱い思いと共に

 

探求心の強みをお持ちの方が多く、

私自身もたくさんの刺激をもらっています。

 

これまで第1回、第2回が終了したところですが、

皆さんの講座受講を終えての気づきの一部をご紹介いたします。

 

第1回終了後アンケート

本日の講座を終えてどんな学びや気づきがありましたか?

 

・自分が何をできていて、またできていないのか。

何を大切にしているのかが改めてわかりました。

 

・捉え方で見える景色は全然違ってくるということ。

自分の軸にもっているものに気づければ、

行動の視点も変わってくるなと思いました。

価値に基づく行動を考えていると、

サクサク動けてる感覚がありました。

 

・自分の内面と向き合うことができ、言葉にすることで、

具体的に何からしていくのか、考えることができました。

 

・ 自分のことは後回しにしてきたことを

見て見ぬ振りをしてきたこと、相手に求めるのではなく、

まずは自分自身のケアの大切さに気付くことがてきました。

 

・同じ言葉であっても、人それぞれに感じかたや

捉え方が様々であることに気づきました。

・また、それが良い悪いという基準ではなく、

互いの考えや大切にしていることを

尊重し合うことに大きな意味を見つけした。

コーチングとは同じ目線でクライアントさんとまずは向き合う。

その基本姿勢を学ばせていただき三時間あっという間でした!

 

第2回アンケート

・今までの教育では苦手をなくすことに力を入れていて、

自分もそういった教育を受けてきたので、

それはとても遠回りをしていたんだなあと、

改めて気づきました。利き手の例も紙を

持ち上げる例もとても分かりやすかったです。

 

・強みを基盤にした子育て 我が子だとどうしても感情が入ってしまい

冷静に見られない時期がありました。親の土台が大切だと感じます。

反対に我が子ではないお子さんには、冷静に見られる自分がいます。

 

・強みに焦点を当てる理由を科学的根拠やワークから学んだことで

より分かりやすく伝えることができるようになった。

また、自分自身の強みの使い方を把握していることで

行動を起こすときの自信にも繋がると思った。

 

・強みを基盤とした子育ての重要性を脳科学の観点からも

教えていただき、強みセンサーを立てて伝えていくスキルを学びました

 

・そして、色々な方々へ強みを引き出して差し上げることは、

1人ひとりにとって 自己肯定感や承認欲求、自信など様々な

要素を作り上げられる土台になると感じました。

回を重ねるごとに学びが深く、楽しくて仕方がないです!

 

==========================

ペアレンツコーチ養成講座の限定ライブを行います。

タイトルは

「思春期の子どもとのかかわり方」です

日時4月3日(土) 午前10:00~

https://www.youtube.com/watch?v=eTS5EmYO3DE

 

教育ビジネス無料オンラインセミナーは下記から

https://nlp-pra.com/site002/lp/1201/

 

 マザーズコーチ・ジャパン公式養成講座のご案内https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/21715